スポンサーリンク

スズキジムニーの『ワイヤハーネスの不具合について』最新!クルマのリコール情報と解説[210514]

スズキジムニー リコール ワイヤハーネス断線
スポンサーリンク


スズキジムニーの『ワイヤハーネスの不具合について』最新!クルマのリコール情報と解説[210514]

令和3年5月14日国土交通大臣に対してスズキ株式会社から以下の通りリコールの届け出があったとのことです

リコール届け出内容はスズキジムニー並びにジムニーSierraの運転席ドア及び助手席ドアのワイヤハーネスの設計不備のためドアの開閉を繰り返すとワイヤハーネス内の配線が切断する可能性があるとのことです

そのために最悪の場合、ドアミラーの操作やドアウインドウ並びにドアロックの開閉ができなくなるばかりかサイドエアバックやカーテンエアバック、補助方向指示器等が作動しなくなる恐れがあるとのことです

  • リコール対象の車両台数はジムニー、ジムニーシエラ合わせて合計で111,611台で
  • 不具合件数は13件発生しており事故等の届け出は無いとのことです
  • 改善対策の内容はリコール対象全車両の運転席と助手席のワイヤハーネスを対策品と交換するとのことです
  • 対象車両のユーザへの通知にはDMや電話にて連絡するとのことでスズキ自動車のホームページにおいてもリコールについて掲載するとのことです
  • リコール対策済み識別に関してはIDプレートに赤のシールを貼るとのことです

IDプレートの位置・場所

スズキジムニー並びにジムニーSierraのIDプレートはボンネット開けた状態で運転席側(左側)のエンジンルーム奥にあります

IDプレートに赤いシールが貼ってあればワイヤハーネスに関するリコールは改善処置がされていると言うことです

スズキジムニーとジムニーSierraはこのワイヤハーネスのリコール以外にも

  • フロント並びにリアガラスのリコール
  • 燃料ポンプのリコール

以上のリコールもありますので自車がリコールの対象になっていないか確認されてください

スズキジムニーのワイヤハーネスの不具合によるリコールに関する情報元ソース

スズキ自動車リコールに関するお問い合わせ先

スズキジムニーのリコールの詳細情報と推察

リコール対象車両のスズキジムニーはスズキの4輪駆動車で軽自動車の4輪駆動車としては最も人気があり山間部などの悪路や狭い道で活躍できる車として昔から多くのユーザに愛されている車です

今回不具合を起こした箇所は室内からドアパネル内部に通っている配線ケーブルでドアのアッパーヒンジとロワーヒンジの中間にあるドアストッパーの少し下にある車内からドアパネル内部に配線を通す部分のゴムの蛇腹内部で配線が断線してしまうとの事です

そのためにドア内部の機器が作動しなくなると言うことです

スズキジムニー ドアヒンジ

スズキジムニーのドアヒンジは一般車両と構造が大きく違い住宅用のドアヒンジに近い構造です

これはドアの開口を大きくとりアウトドアや緊急時の作業性を良くしたり乗り降りをしやすくするためにこのような構造にしたのでしょう

もちろんドアストッパーも取り付けられているのでワイヤハーネス内の配線の伸びによる断線とかに関しては想定していなかったのだと思われます

それと同時に開口が大きくなるのでドアの開閉時にドアパネルと車体との間に挟まれ断線の可能性があったのではないかとも考えられます

改善策としては車体とドアパネルを結ぶゴムの蛇腹の長さや形状の変更や蛇腹内のワイヤハーネスの長さや太さの変更を行ったのでしょう

スズキジムニーのようなドア開閉時の構造上、改善対策が終わった後もドアストッパー下のゴムの蛇腹の状態は日常的に点検する必要があります

またドア開閉においても思いっきり開閉することのないように周りに注意することも兼ねてゆっくりと開閉することが車を長持ちさせるためにも必要なことです

ではまた次回の記事でお会いしましょう

タイトルとURLをコピーしました