自動車の走行中にエンジン警告灯が点灯しました…

スポンサーリンク

Yahoo!知恵袋に回答しました!シリーズ

こんにちは…

今回は警告灯点灯についての質問です…車のメーターパネル周りには沢山の警告灯がついています…

その中で「エンジン警告灯」が点灯した場合の故障箇所の判定と修理に関して解説していきます…また原因も深掘り解説します

スポンサーリンク

質問〜車のエンジン警告灯が点灯しました…

Yahoo!知恵袋〜車メンテナンスhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12213600447

non********さん

2019/9/1522:42:02

自動車の走行中にエンジン警告灯が点灯しました

自動車販売店で調べてもらったところ、オイルプレッシャーのセンサーを取り替えた方がいいとの判断でした
ただ交換しても点灯が消えないかもしれないとも言われました
その場合、自動車に搭載されてるコンピュータがうまく機能してなくて、油圧がかかってない?みたいなことを言われたのですが(曖昧ですみません)、油圧がかかってない状態で走行を続けたら、どのようなことが起きるでしょうか

スポンサーリンク

直球回答〜

※事前点検として…基本点検(エンジンオイル・エアエレメント・ファンベルト・バッテリー等の消耗品の適正な管理がされているかが最低条件です…)

エンジン警告灯が点灯した…どこが悪いかとの回答ですが…原因は色々あります…その中で最も疑われるのが…

【O2センサー】です…

以上が直球回答です…

さてここから

スポンサーリンク

深掘り解説…

質問内容の文面を色々と推察していきます…いつものように車種・型式・年式・総走行キロ数の記載がないので範囲を狭められず解説が広範囲になります…

まず「⑧エンジン警告灯」がついて販売店でオイルプレッシャースイッチの交換を勧められた…これは間違いと思われます…

オイルプレッシャースイッチの交換対象は「⑩の油圧警告灯」の点灯時の対処方法の1つです…エンジンオイル管理の不備・オイル循環系統の異常等で点灯します…

よって「オイルプレッシャースイッチ」を交換しても症状は改善されません…

「⑧のエンジン警告灯」が点灯する原因は色々ありますが…その中で最も多い原因が「O2センサー」内の断線・センサー部の過度な汚れ・失火による排気ガスの濃度変化による一時的な警告灯の点灯等でコンピューターに適正な情報をフィードバック出来ない事でコンピューターが「エンジン警告灯」を点灯させてドライバーに注意を促すという事です…

スポンサーリンク

「O2センサー」の故障と判定された場合の対処方法

コンピューター診断機をOBD2に接続して…

「O2センサー」が異常と判定の場合…

A〜新車購入から3年又は6万キロ以内の場合は一般保証扱いで修理費は無料でディーラー等で修理できます(スズキ車の場合)(ここで質問時に年式・キロ数の記載があれば役に立ちます)

B〜車種やエンジン型式によっては保証延長されている場合もあります…メーカーやディーラーに確認して下さい(ここで質問時に車種(型式)・エンジン型式の記載があれば役に立ちます)

C〜リコール対象になっている場合もありますので自宅に手紙等が来ていなくても国交省のホームページやメーカー・ディーラーに確認してからの作業を勧めます

スズキ自動車〜保証内容(一般・特定保証内容は貨物車も同じ)
スポンサーリンク

有償修理となった場合の対処方法

「O2センサー」交換の見積もりは車種によりますが2万円前後です…

又は…「O2センサー」を交換しないでコンピューター診断機をOBD2に接続して「エンジン警告灯」を1回消却して様子を見るという手もあります…単純にセンサー等の誤作動による点灯の場合はそれで点灯しなくなる場合もあります…ただし診断料として4千円前後の請求はされます

交換するかどうかの判定の目安としては…10万キロ以上の走行キロ数であれば交換を勧めます…交換により燃費やエンジン性能もある程度改善されます…

以上が「O2センサー」異常と判定した場合の作業対処手順です…

スポンサーリンク

その他の「エンジン警告灯」点灯の原因

最初に記載したように「エンジン警告灯」点灯の原因はO2センサーの不具合以外にも沢山あります…そのいくつかを列挙していきます…

①エアフローセンサーの異常(エアクリーナーボックス付近についているセンサーです

②プラグやダイレクトコイルの失火により反応して点灯(古い車だと稀にあります…コードを消却して様子を見ます)

③カム角センサーからの異常信号で点灯(点火タイミングがずれて失火している場合)

④その他…良い混合・良い圧縮・良い点火…全てに関係します

いずれにしてもコンピューター診断機で故障箇所のコードが出てくると思います…それに沿って判断・修理されてください

以上です

スポンサーリンク

まとめ〜

今回も車の明細情報の明記がない中での回答でした…「O2センサー」の不具合という事をメインに解説しましたが…センサーとは異常を感じ取りコンピューターに電気信号を送ります

その点から考えると車のエンジンが正常に回転する条件「良い混合・良い圧縮・良い火花」のどれかが悪くても「O2センサー」は異常を知らせます…

質問者様の「追加返答」で走行キロ数が9万キロ超との事です…センサー以外にも前記したようにプラグやダイレクトイグニッションコイル・エアエレメントの点検(交換されてないのであれば交換)…電子制御式キャブレターの場合はオーバーホール・最低でもISCV・AVC(エアコントロールバルブ)等の清掃を勧めます

排出されるガスが規定値を大きく超えている可能性もあります…排気ガスの濃度も確認してもらった方が良いでしょう…

今回はこの辺で

ではまたお会いしましょう…

車の修理
スポンサーリンク
エンジョイ・ライフワーク
タイトルとURLをコピーしました