ダイハツ 『ミラ、ムーヴ、ウェイク、他』の燃料系統の不具合について『クルマのリコール情報』

ダイハツ 『ミラ、ムーヴ、ウェイク、他』の燃料系統の不具合について

ダイハツ 『ミラ、ムーヴ、ウェイク、他』の燃料系統の不具合について『クルマのリコール情報』

ダイハツ 『ミラ、ムーヴ、ウェイク、他』の燃料系統の不具合について『クルマのリコール情報と解説[210624]』

スポンサーリンク

ダイハツ工業がリコールの届け出

2021年6月24日 発表

ダイハツ工業は6月24日、燃料供給装置(燃料ポンプ)に不具合があるとして21車種、計95万6221台のリコールを国土交通省に届け出ました

対象車両は「ミラ」「ミラ ココア」「ムーヴ」「キャスト」「ミラ イース」「コペン」「ミラ トコット」「タント」「ウェイク」「ハイゼット キャディ」「ムーヴ キャンバス」「ハイゼット トラック」

トヨタ自動車にOEM供給する「ピクシス ジョイ」「ピクシス エポック」「ピクシス メガ」「ピクシス トラック」

スバルにOEM供給する「プレオ」「ステラ」「プレオ プラス」「シフォン」「サンバートラック」

計~21車種

リコール対象車両の製作期間は2017年7月3日~2019年5月8日。 

不具合内容は、燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)において成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって燃料により膨潤して変形することがある。

そのため、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがあるとのこと

改善措置として全車両、燃料ポンプを対策品と交換する。

不具合の件数は584件で事故は発生していない。

リコール該当車両のユーザーにはすでにDM等で告知されているとのことです

当該車両を所有されているユーザーはメーカーやディーラーに連絡を取り速かに改善対策をとるようにとのことです

ダイハツ工業と国土交通省のホームページにリコールの届出内容が公表されています

今回のリコールに関する国土交通省とダイハツ工業の情報のソース元です

リコールに関するお問い合わせについては以下を参照してください

スポンサーリンク

国交省への届出内容

リコール届出~令和3年6月24日

リコール対象車両

ミラ、ミラ ココア、ムーヴ、キャスト、ミラ イース、コペン、ミラ トコット、タント、ウェイク、ハイゼット キャディー、ムーヴ キャンバス、ハイゼット トラックのリコールを届け出いたしました。

ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。対象となるお客様には、販売会社からお知らせのダイレクトメールでご案内させていただきます。

  1. 不具合の内容
    燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)において、成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって、燃料により膨潤して変形することがあります。そのため、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがあります。
  2. 改善の内容
    全車両、燃料ポンプを対策品と交換します。
  3. 自動車使用者等に周知させるための措置
    使用者:ダイレクトメール等で通知します。
    自動車特定整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。

*PDF画像は右上の「>>」をクリックしてプレゼンテーションモードをクリックすると全画面表示〔拡大表示〕になります

20210623085758d2dad72ef3dfbfbd40b9b15d9241d4ef06da2d17.png

対象車両の詳細

対象車両の詳細は以下の表をご覧ください

ご自身の車がリコールの対象車両であるかどうかは車検証の型式と車体番号で確認することができます(※登録年月日や購入時期と製作年月日は違うのでユーザが確認することはできません)

自動車検査証(車検証)の左上、登録番号の下のアルファベットと数字の組み合わせとそのすぐ右側の6桁の数字が車体番号です

車体番号のすぐ右下、アルファベットと数字の組み合わせが型式です

『ミラ』だと

  • 型式〜DBA-L275S:車体番号L275S-0178455~L275S-0179931
  • 型式〜DBA-L285S:車体番号L285S-0034225~L285S-0034755
  • 型式〜HBD-L275V:車体番号L275V-1038187~L275V-1040176
  • 型式〜HBD-L285V:車体番号L285V-1006858~L285V-1007292

がリコール対象車両です

IDプレートでも確認することができます

※IDプレート〔車体番号〕の場所~ 1部車種抜粋

ミラ トコット、コペン、ムーヴ、ミラ イースIDプレート
タントIDプレート
ウェイクIDプレート
ムーヴ キャンバスIDプレート

リコール対策識別

リコール対策済車両は運転者席側シート下の車台番号1桁目の上側に黄色ペイントを塗布します。

車体フレームに刻印されている番号です*IDプレートとは別です

スポンサーリンク

燃料ポンプの構造と役割

なぜ燃料ポンプが不具合を起こしたのか原因を深掘り解説してみたいと思います

燃料ポンプの構造

燃料タンクは後部座席の下に取付けられています

燃料ポンプは燃料タンクの上部に取り付けられ本体が燃料タンク内のガソリンに浸かっておりタンク内からエンジンに燃料を送りだしています

リコールの改善処置

リコールの改善処置は全車両、インペラを改善した低圧燃料ポンプの対策品と交換するとの事です

燃料ポンプモジュール
燃料ポンプモジュール

燃料ポンプと燃料の圧力を保つプレッシャレギュレータなど周辺部品を一体化。ポンプ流量の制御でさらなる燃費向上に貢献するコントローラ付も増えています

今回のリコールに至った状況は市場からの情報によるとなっていますが燃料ポンプのメーカーなどを調べて今年3月に発生したホンダ CR -Vなどの燃料ポンプの不具合によるリコールと同じような状況からリコールの届け出を行ったのではないかと考えています

燃料ポンプ

モジュールの中に搭載され、タンク内の燃料をエンジンに送り込む製品です。より長寿命で燃費向上効果の高いブラシレスタイプの需要が伸びています

実は燃料ポンプの不具合によるリコールの届出は今年3月にもありました

ホンダ自動車から令和3年3月25日国土交通大臣に対して、「CR-V、インサイト、シビック、レジェンド 」の4車種において燃料系統の不具合によるリコールの届出があったのです

「ホンダCR-V、他・一部車種のリコールについて」燃料ポンプの不具合 

そして5月にもスズキ 『クロスビー、ジムニー、他』の燃料系統の不具合でリコールの届け出がされています

燃料ポンプの不具合について「スズキ自動車」にEメールで公開質問!電撃取材!

スポンサーリンク

まとめ

今回のリコールもまた1連の燃料ポンプの不具合に関連するものではないかと推察します

前回スズキ自動車に私自身が所有するスズキエブリィも同じ燃料ポンプを使用しているのか?との公開質問に対して明確な回答を頂くことはできませんでした

この燃料ポンプのリコールに関してはディーラーをまたいで広がっていて対象車種が拡大するのではないかと懸念しています

タカタのエアバッグのようなリコールにならなければ良いと願うばかりですがディーラーや燃料ポンプの製造メーカーは不具合のある製品の品番を明らかにし車ユーザーの不安を少しでも取り除く努力をしていただきたいと思います

最後までお読みいただきありがとうございました

次回の記事でまたお会いしましょう