模型:車:旅行:暮らし:社会
トピックス:SNS

首都圏から高速バスで行く「蘇りの聖地!熊野三山を巡る旅」旅行プラン[完全版]

出典〜ウィキペディア
スポンサーリンク

5~関東発!南紀(南紀州)勝浦温泉行き高速バスの運行バス会社は?

南紀勝浦温泉に旅行するのに初めは自家用車で行こうと思っていたのですが高速代や燃料代:現地での宿泊代や食費・交通費を加えると5泊6日の旅行では費用を安く見積もっても80,000円を超える結構な金額になります

2人から3人以上で車で旅行にいかれるのであればある程度は金額を抑えられると思うのですがそうであっても現地までの距離も長く知らない土地へ行くこともあり車の運転も心身ともにかなり疲れるのではないかと考えると同時に安全面でも心配があります

鉄道を使えば早く目的地に到着できるのですがこちらもまた新幹線乗車料金を含めた移動費用と現地での宿泊代食事代などを加えると自家用車で旅したのと同程度の旅行費用がかかります

そんな中で高速バスを使用して旅行できないか調べていると多くの高速バスが首都圏から名古屋/大阪方面または東北/北陸方面に出ているのはわかりましたが

和歌山県南西部までは東京から高速バスに乗り名古屋市で乗り換えてまた電車かバスで那智勝浦方面まで行かなくてはならないのではと思っていました

いろいろ調べていくとなんと首都圏の埼玉県大宮市から東京都内・神奈川県内を経由して和歌山県熊野エリアまでそれも南紀勝浦温泉方面まで直通で運行している高速バスがあるではないですか!

そして高速バス乗車料金を調べてみると車や電車で行くのと比べると3分の2から半額近い費用で首都圏から和歌山県熊野エリアまで移動できることがわかりました

その高速バスと言うのが首都圏(大宮市:東京都:神奈川県)と和歌山県那智勝浦方面を乗り換えなし直通で結んでいるバス会社で相互乗り入れを行っている三重交通西武バスの2社でした

和歌山県熊野エリアに旅行に出かけるのであればもうこれしかないと思いました

東京方面から南紀勝浦方面行きのバスは1便

南紀勝浦方面から東京方面行きのバスは2便

となっています

前述したように首都圏と和歌山県南西部を結んでいる高速バスは2社あるのですが今回は年間を通して運行本数の多い三重交通高速バスを利用した場合を例として記事を執筆しました

*西武バスを利用した場合も乗車料金は同額です:1部バスの設備が違います

スポンサーリンク

6~南紀勝浦周辺行き高速バスの出発場所:停留所:出発時間は?

出発場所:出発時間

埼玉県大宮市から和歌山県南紀勝浦方面行きの夜行バスは大宮営業所を夜8時過ぎに出発します

基本的に運行本数は1日1往復となっていて時期によっては平日の1部の曜日の運休をしたり週末のみの運行になる場合もあるようです

往路復路の経由地停留所と出発時間は以下のようになっています

その他2回ほどパーキングエリアで乗務員交代を兼ねた休憩時間を取るようです

クリックすると拡大できます

三重交通の「埼玉県大宮営業所発〜南紀勝浦方面行き」高速バスは大宮営業所20時25分出発!

その後「大宮駅西口バス停」〜私が乗車する予定の「埼玉新都心バスターミナル」〜東京都内に入り「池袋駅東口バス停」〜パスタ新宿バスターミナル〜神奈川県に入り「横浜駅東口バス停」を経由して南紀勝浦方面に向かいます

翌朝三重県に入り最初の降車地が「VISON(ヴィソン)バス停」そして終点の勝浦温泉バスターミナルまで13カ所の停留所で停車します

代表的な乗降車地のバス乗り場を以下に記載しました

最新の出発場所・停留所・出発時間は以下で確認下さい

南紀勝浦温泉行き高速バス最新の出発場所:停留所:出発時間

各停留所の乗り場と休憩地点:詳細

埼玉県大宮営業所から南紀勝浦温泉バスターミナルまでの出発地と停車地は全部で19箇所で休憩箇所は東名自動車道「海老名サービスエリア」と伊勢自動車道の「安濃SAサービスエリア」の2カ所です

それぞれのサービスエリアでの休憩時間は10分ほどとなっています

西武バス大宮営業所

西武バス大宮営業所➡︎

JR大宮駅西口

JR大宮駅西口➡︎

さいたま新都心バスターミナル

さいたま新都心バスターミナル➡︎

池袋駅東口

池袋駅東口➡︎

パスタ新宿

パスタ新宿➡︎

YCAT(横浜駅東口) (①番のりば)

YCAT(横浜駅東口) (①番のりば)➡︎

クリックで拡大します

東名高速:海老名SAにて15分ほどの休憩➡︎

クリックで拡大します

伊勢自動車道:安濃SAにて15分ほどの休憩➡︎

海山バスセンター

海山バスセンター➡︎

尾鷲市

尾鷲市➡︎

熊野市駅前(市役所前)

熊野市駅前(市役所前)➡︎

三交南紀パーキングあり

三交南紀パーキングあり➡︎

七里御浜

七里御浜➡︎

三交新宮駅前

三交新宮駅前➡︎

勝浦温泉(桟橋バスターミナル)

勝浦温泉(桟橋バスターミナル)終点

スポンサーリンク

7~南紀勝浦温泉までの高速バスの運行予定日と乗車料金:運行ルートは?

高速バス料金は季節や曜日によって変わります

詳しくは以下で確認してください

運行日と季節:曜日別料金ランク

6月1日から8月31日までの運賃カレンダー

運賃は5段階に分かれており[Sランク]が最も乗車料金が高くて[Dランク]が最も乗車料金が安い設定となっています

勝浦発:大宮発ともに8月のお盆期間前後の乗車料金が最も高い設定となっています

大宮営業所から勝浦温泉方面までの乗車料金

大宮営業所(大宮駅西口:さいたま新都心バスターミナルともに乗車料金同額)から勝浦温泉までのランク別のそれぞれの乗車料金

大人片道乗車料金:子供料金は半額(早割適用外)

(カッコ内は早割料金)

  1. Sランク〜1万3100円
  2. Aランク〜1万2300円
  3. Bランク〜1万1800円(1万1300円)
  4. Cランク〜1万1300円(1万800円)
  5. Dランク〜1万800円(1万300円)
バスタ新宿:池袋駅東口から勝浦温泉方面までの乗車料金

バスタ新宿:池袋駅東口から勝浦温泉までのランク別のそれぞれの乗車料金

大人片道乗車料金:子供料金は半額(早割適用外)

(カッコ内は早割料金)

  1. Sランク〜1万2700円
  2. Aランク〜1万2000円
  3. Bランク〜1万1500円(1万1000円)
  4. Cランク〜1万900円(1万400円)
  5. Dランク〜1万400円(9900円)
YCAT(横浜駅東口)から勝浦方面までの乗車料金

バスタ新宿:池袋駅東口から勝浦温泉までのランク別のそれぞれの乗車料金

大人片道乗車料金:子供料金は半額(早割適用外)

  1. Sランク〜1万2400円
  2. Aランク〜1万1700円
  3. Bランク〜1万1200円(1万700円)
  4. Cランク〜1万600円(1万100円)
  5. Dランク〜1万100円(9600円)
小児運賃と公的割引について
クリックで拡大します

小児運賃は大人運賃の半額で年齢が6歳以上~12歳未満(小学生)が対象となります

以下の法律に定められた公的割引については普通乗車運賃の5割引となります

  1. 身体障害者割引
  2. 知的障害者割引
  3. 児童福祉法の適用割引
運行ルート

埼玉県大宮市から東京神奈川を経由して南紀勝浦までの高速バスの運行ルートは以下のようになっています

埼玉県大宮市を出発するのが午後8時過ぎと言うことで高速バスからの車窓は大宮市から東京都内・神奈川県内の夜景を楽しむ程度になりそうです

神奈川県のYCAT(横浜駅東口)を出発した後は東名高速道路に入り「海老名サービスエリア」で乗務員交代のため一旦休憩をとりその後一路名古屋方面を目指して走り続けます

東名高速道路「海老名サービスエリア」を出発した南紀勝浦温泉行の高速バスの次の停車地は三重県の伊勢自動車道「安濃サービスエリア」です

「安濃サービスエリア」で15分ほどの乗務員交代のための休憩をとりまた南紀勝浦温泉方面に向けて出発します

そして最初の降車地「VISON(ヴィソン)バス停」に到着する時間が午前4時52分です

夏場であればもう夜が明けている時間でバスの車窓楽しめるかもしれません

バスはここまでほとんど山中の道路を走行してきますが「紀北町紀伊長島」バス停付近から左側の車窓に太平洋が広がり紀州の海岸線を眺めながら景色を楽しむことができそうです

夜行バスなので外も暗くほとんど景色を楽しむことができないと思いますが三重県に入り海岸線を通る際には時期によってはバスの進行方向の左手に朝焼けを見ながら車窓を楽しむことができそうです

高速バス乗車の予約を取る際には進行方向に向かって左側の窓側の席を予約されると太平洋から昇る太陽の朝日や紀州の海の景色を堪能できるのではないでしょうか

スポンサーリンク

8~高速バスの車両タイプ:車内設備はどんな感じ?充電は?

埼玉県大宮市から南紀勝浦温泉行きの高速バスの車両タイプは座席が独立3列シートでそれぞれの座席をカーテンで仕切ることができてプライバシーを守ることができます

乗車人数は乗務員2名も入れて30人と少なくそのため座席も広く仕切られ背もたれ&フットレストのついたシートは足を伸ばすことができ長時間の乗車でも車内でゆったりと過ごすことができます

またバスの車内の各シートには携帯やパソコンを充電するためのコンセントも取り付けられています

そして長時間ノンストップ首都圏から和歌山県南紀州まで移動するためにバスの進行方向向かって中央右側には階段を降りていくと車内に簡易的なトイレも設置されています

3列独立シート
独立3列シート
リクライニングシート
リクライニングシートフットレスト付:足をゆったり伸ばせて長旅も快適です。
プライベートカーテン
プライベートカーテン:三重交通車両のみ設置
ブランケット
ブランケット
コンセント
コンセント:【三重交通車両のみ設置】
携帯電話、スマートフォン、デジカメも
充電可能で安心です。

コンセント:【三重交通車両のみ設置】
携帯電話、スマートフォン、デジカメも
充電可能で安心です

コンセントタイプなのでUSBアダプターは忘れないようにしましょう

以下のUSBアダプターは1つのコンセントから3つのUSBポートと2つのコンセントを取り出すことができる優れものです

座席図
車内シート配列

バスの座席番号

予約の際の参考にされてください

※ 増発便及び車両整備等により記載内容と異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

9~インターネットからバス乗車の予約はできる?

以下楽天トラベルホームページ

楽天トラベル
国内・海外旅行なら日本最大級の宿泊予約サイト「楽天トラベル」。ホテル・ツアー予約や航空券・レンタカー・高速バス予約、観光情報も満載!ホテルの口コミ数は1,000...続く
楽天トラベルホームページを見てみる

楽天トラベルホームページ画面が出たら左上メニューの中から「高速バス・バスツアー」を選択肢クリックします

左中程「高速バス出発地・目的地から探す」の中から「埼玉発」を選択します

※「埼玉発・東京発・神奈川発」からそれぞれ最寄りの一番近い出発地を選んで下さい

次の画面が出たら1番上の主な経由地が「・・・奈良:和歌山駅」を選択してクリックしてください

次の画面に変わり行き先詳細が4カ所から6カ所ほど検索されます

その中から「大宮・池袋:南紀勝浦線」を選択し「予約へ」のボタンを押します

予約確認画面でSBN001便「大宮・池袋:南紀勝浦線」の詳細が表示されます

予約内容を確認して間違いがなければ画面中央の「予約へ」のボタンをします

楽天アカウントページに変わりますので各自旅行予約内容の最終確認と「楽天アカウント」を確認して画面の指示に従って予約をとって下さい

以上がインターネットでの高速バスの予約の取り方です

インターネットでの予約の取り方をいちど覚えてしまうととてもお得にバス旅行ができることに気がつきます

またバス会社によっては座席指定もできることから早めに乗車の予約をとって窓側の席を確保して車窓を楽しむこともできるとのではないでしょうか

楽天トラベルをお勧めするのはいろいろな特典が付与されたり期間限定の特別価格での販売を行っていることが多くさらに楽天ポイントも付与されるので他の旅行サービスと比べても格段にお安く旅行することができます

楽天トラベルホームページを見てみる
スポンサーリンク

10~高速バスの経由地や到着地周辺の情報は?

休憩サービスエリア

上記の「乗降停車バス停」の所でも説明したように乗降停車バス停箇所以外に乗務員ドライバー交代のための2カ所の「休憩停車地点」があります

それが東名高速「海老名サービスエリア」と伊勢自動車道「安濃サービスエリア」の2カ所です

乗務員ドライバー交代のためだけの休憩停車なので食事や土産物屋さんを見ている時間がほとんどないと思うので敷地マップだけを添付して2カ所のサービスエリアのおトイレ場所や非常電話場所を簡単にご紹介します

「海老名サービスエリア」

画像クリックで拡大します

海老名サービスエリア」敷地マップ
広域ロードマップ
「安濃サービスエリア」
安濃サービスエリア」敷地マップ