模型:車:旅行:暮らし:社会
エンジョイ・ライフワーク
最新情報をTwitter / YouTubeで公開中‼️

今!大人気の「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを購入しました!動画撮影基本編

今!大人気の「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを購入しました!動画撮影基本編
スポンサーリンク

今!大人気の「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを購入しました!動画撮影基本編

発売される前から注目を浴びカメラ業界に革命を起こした

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラ

小型軽量で安定した動画撮影ができる

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラ

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラでいろいろな方法で動画を撮影して見ました

自撮り棒に取り付けて

  • 普通に撮影したり
  • 高いところや
  • 低いところ
  • 奥まったところ

などの撮影や

  • 衣服や体にクリップやリストバンドなどで取り付けて撮影したり
  • 車のボンネットやルーフなどにくっつけて撮影したり

もしてみました

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラはジンバルカメラ部分や本体操作部分にマグネットが埋め込まれており車や自転車などの金属部分にくっつけて撮影ができクリップなどを併用することで衣服やリュックに取り付けて撮影することもできます

また付属のリストバンドやマジックテープを使用することで金属以外の木製やプラスチック製の部分に縛りつけて撮影することもできます

今回はこの「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを使いいろいろな方法で動画撮影をしてみました

どうぞお楽しみ下さい

今までの「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラの関連動画は以下からご覧ください

それでは本編

今!大人気の「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを購入しました!動画撮影基本編」

を初めていきましょう

自撮り棒に取り付けて撮影

まず初めに「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを自撮り棒に取り付けて撮影してみました

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラは普通に手に持って動画撮影をすることもできますが自撮り棒に取り付けて使用することによりいろいろな撮影方法を楽しむことができます

自撮り棒に取り付けても取り付けないで撮影しても画角や映像はほとんど変わらないと思いますが自撮り棒に取り付けて先端を伸ばした状態で撮影した場合どのような映像になるのかをぜひご覧ください)

動画撮影で使用した自撮り棒は以下のものになります

今回は「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラに取り付けて使用しましたが普通にスマホやアクションカメラを取り付けて使用することもできます

本体にはリモコンのほかにスマホで撮影時に暗い時に便利なLEDライトも装備されています

自撮り棒は伸縮式で長さを調整することができ最大で1メートルほどまで伸ばすことができます

手に持って普通に撮影する事はもちろん!木の上などの高いところや地面スレスレを撮影したり奥まったところの動画や写真撮影ができ今まではできなかった幅広い使い方ができます

こちらの「ARTOFUL 自撮り棒」に「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラに付属しているカメラホルダーをマジックバンドで止めて使用しました

自撮り棒のリモコンを外し「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラに付属しているカメラホルダーをマジックバンドで取付け

自撮り棒先端に「Feiyu Pocket 2S 」に付属のマグネットベースをねじ込んで取り付けその上に操作部から外したジンバルカメラ部分をマグネットでくっつけた状態です

自撮り棒を1番長く伸ばしてみました

約1メートル近くあります

操作部からジンバルカメラ部分まで伸びる配線もそんなに邪魔になるような状態ではないです

どうしても気になるようであれば自撮り棒自体に巻きつけても良いでしょう

自撮り棒に取り付けずに「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを直接手に持って動画撮影をしても良いのですが自撮り棒に取り付けて撮影することにより高いところや低いところ奥まったところなどいろいろなところを簡単に撮影することができます

それではそれぞれの撮影方法で撮影した動画を見ていきましょう

自撮り棒に取り付けて普通に撮影

自撮り棒のスタンド部分は折りたたむと手で持つことができるので使い勝手がよく撮影にはとても便利です

重さも軽く長い撮影時間でも手が疲れたりする事はないでしょう

デジタルカメラなどと比べても小さいので撮影していると言う違和感もあまりありません

H公園〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
自撮り棒に取付けて「超広角撮影」

自撮り棒に取り付けて初めて「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラで撮影をした動画です

自撮り棒での撮影は若干の横ブレはあるのですが手に持っての撮影なので最も画像が安定しています

Kスポーツセンター〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
自撮り棒に取付けて「超広角撮影」

手持ちでの撮影は地面が不安定な場所でも安定して動画撮影することができます

自撮り棒の持ち方もまっすぐ立てて持つのではなく前方に45度ほど倒した状態で撮影することによってブレのない映像を撮ることができます

自撮り棒を低く伸ばして撮影

ジンバルカメラの操作はWi-Fiで接続されたスマホ側でおこないます

Kスポーツセンター〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影

自撮り棒の先端に「Feiyu Pocket 2S 」に付属しているマグネットベースを取り付けそこにジンバル操作部から切り離したジンバルカメラ部分をマグネットでくっつけて地面すれすれを撮影しました

しかしこの方法だと映像が逆さまに写ってしまうことが後でわかりました

自撮り棒を低く伸ばして「超広角撮影」

自撮り棒を1メートル近く最大に伸ばし前方に45度斜めに下げて地面スレスレを撮影しています

自撮り棒の先端にカメラ操作部からの配線を介してカメラジンバル部分だけがあると言うことです

こういう猫や動物の目線での撮影ができるのも楽しいと思います

自撮り棒を低く伸ばして「超広角撮影」

前記した通り実際の撮影では上下が逆さまになってしまいました

実は自撮り棒の先端に取り付けられたカメラジンバル部分の角度を変えずにそのまま撮影してしまったためです

上下逆さまの動画ですが記録のため編集せずに動画はそのままアップしておきます

逆さまですが地面すれすれを撮影することができるということがわかると思います

次回もう一度取り直します

撮影し直し「自撮り棒を低く伸ばして撮影」

ジンバルカメラの操作はWi-Fiで接続されたスマホ側でおこないます

地面すれすれを撮影
「自撮り棒を低く伸ばして撮影」広角撮影

自撮り棒を低く伸ばして改めて撮影し直しました

自撮り棒の先端のマグネットベースを上に持ち上げて水平になったところにジンバルカメラ部分はマグネットでくっつけて撮影しました

「自撮り棒を低く伸ばして撮影」広角撮影

後は前回と同じように自撮り棒を1メートル近く最大に伸ばして前方に45度下げて撮影しました

これで上下逆さまにならずに撮影することができました

猫の目線での映像をご覧ください

「自撮り棒を低く伸ばして撮影」広角撮影

本当に地面すれすれを撮影することができます

猫の歩いてる目線がよくわかりますね

縦ブレが若干あるものの面白い動画が撮れたと思います

木の株の中にも入っていって撮影できます

自撮り棒を高く伸ばして撮影

ジンバルカメラの操作はWi-Fiで接続されたスマホ側でおこないます

自撮り棒を高く伸ばして「超広角撮影」

自撮り棒の先端を1メートル近く最大に伸ばし前方45度に上げて撮影してみました

45度前方に上げた状態で撮影することによって歩きながらの映像もブレにくくなります

また木々や草花を高い位置で間近に撮影することができます

Kスポーツセンター〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
自撮り棒を高く伸ばして「超広角撮影」

自撮り棒も長く伸ばしても軽く先端に取り付けられたカメラジンバル部分も非常に軽いため上に上げた状態で長時間撮影していても疲れる事はほとんどありません

また先端部分が小さいので木々や草花の間にも容易に入っていくことができいろいろなシーンを撮影することができるでしょう

桜が咲き始めているので改めてKスポーツセンターの公園内を撮影してみました

自撮り棒を高く伸ばして撮影しているために桜の花びらの近くまでレンズを近づけて撮影することができます

左上腕にリストバンドで取り付けて撮影

「Feiyu Pocket 2S 」のカメラジンバル部分を左上腕に取り付けて撮影

ミラー撮影です「実際は左腕に取り付けています」

「Feiyu Pocket 2S 」に付属しているマグネットベースに同じく付属しているリストバンドの長い方を差し込んで左上腕部に巻きつけて撮影したものです

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラの紹介画像や動画などにも出てきてジョギングしながら腕に巻きつけて使用している場面とかもあったので試してみました

ミラー撮影です「実際は左腕に取り付けています」

ジンバルカメラ操作部は左胸ポケットに入れています

画像は右腕に取り付けているように見えますがスマホのカメラで「ミラー撮影設定」で撮影してしまったためにこのように反対に写ってしまいました

実際は衣服の上から左上腕部に巻きつけて撮影したものです

操作はWi-Fiで接続したスマホの画面を見ながら撮影します

たびたびスマホ画面を確認する映像が映ります

Kスポーツセンター〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
左腕にリストバンドで巻いて「超広角撮影」

全く何も考えずに初めて左腕にリストバンドで巻いて撮影した動画です

横ブレがかなり激しいです

左腕をあまり振らないように意識して撮影すると横ブレもかなり抑えられます

左腕にリストバンドで巻いて「超広角撮影」

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを左腕にリストバンドで巻いて撮影して少し慣れてきた動画です

歩き方や腕の振りも小さくすることによって映像の乱れもかなりなくなってきました

ただしジョギングやランニング時にこのようにリストバンドで上腕に巻いて撮影する使い方は横ブレが激しくなり映像としては使えないと思います

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラの紹介カタログや映像に映っている上腕に巻いて撮影するコマーシャル表現は過大なような気がします

上記のようにジョギングやランニング時にも撮影できる設定が「ファーストフォローモード」と言うようなのですがまだ私もそこまで確認していないので設定を変更して確認してみたいと思います

確認し次第後日この記事に追記します

衣服やリュックに取り付けて撮影

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを衣服やリュックに取り付けて撮影することにより両手がフリーになりかなり自由な撮影ができます

またWi-Fiを使ってスマホの大画面で「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを操作することにより画角や映像の確認がしやすくなると同時に操作や設定もしやすく撮影を失敗することが少なくなるでしょう

衣服の左肩に取り付けて撮影

ミラー撮影です実際は左肩に取り付けています

今回は薄手の防寒ジャンパーの左肩に金属のクリップを挟みそれにジンバルカメラ部分のマグネットをくっつけて撮影してみました

腕に巻きつけて撮影した時と同様にジンバルカメラの操作部分は左胸ポケットに入れています

ジンバルカメラとWi-Fiでスマホと接続し必要な時にスマホ側で操作や設定をして撮影します

ミラー撮影です実際は左肩に取り付けています

半袖のジャンパーの肩口に金属のクリップを挟みそれにカメラジンバル部分をマグネットでくっつけて撮影しましたが

Dバックなどのリュックの肩紐やバックル等にクリップを挟み肩や胸や腰などに取り付けて撮影することも可能になると思います

H公園〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
左肩に取り付けて「超広角撮影」

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを左肩に取り付けてスマホ持ちながら撮影しています

両手がフリーになるのでかなり楽に撮影ができます

歩きながらでも設定を変えたり撮影方向を横に向けたりと自由にカメラの方向を変えることもできます

左肩に取り付けて「超広角撮影」

またスマホ自体も常に持っている必要がなく操作しない場合はポケットに入れておいても撮影が続行されます

必要な時だけポケットからスマホを取り出して撮影映像の確認や設定調整などの操作を行うと良いでしょう

Kスポーツセンター〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
左肩に取り付けて「超広角撮影」

左肩に「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを取り付けた状態で割と安定して撮影しているのですが

私自身病気で右足が麻痺しているのでどうしても足を引きずるような歩き方をしてしまいます

そのため疲れている時や長い距離を歩くとカメラの映像がブレやすくなります

この時もカメラを左肩に取り付けていると言うことを全く気にせず歩いていてもご覧のような映像なので少し歩き方を気にしながら撮影することによってブレのほとんどない動画が撮れると思います

左肩に取り付けて「超広角撮影」

森や林/公園の木が生い茂っている場所など超広角撮影で撮影するとやはりブレが気になります

次回は広角撮影で撮ってみたいと思います

S園芸植物園〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
手持ちのスマホで撮影したものです
手持ちのスマホで撮影したものです
左肩に取り付けて「超広角撮影」

これも左肩に取り付けての撮影です

アクションカメラのようにネックアダプターに取り付けて撮影したら横ブレが抑えられるのではないかと考えています

または左右の胸ポケットの位置にジンバルカメラ部分を取り付けて撮影してもブレが少なくなるのではないかと考えています

以上の2点について後日検証してみます

左肩に取り付けて「超広角撮影」

室内や建物内では設定を超広角撮影にすると歪みがひどくブレも大きくなるので標準撮影か広角撮影に設定して使用した方が良いでしょう

超広角撮影を行う場合は海や山などの大自然やスタジアムなどの視界が開けた広い場所で使用する方が良いでしょう

M自然公園〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
手持ちのスマホで撮影したものです
手持ちのスマホで撮影したものです
手持ちのスマホで撮影したものです

撮影も慣れてきてわりときれいな動画を撮ることができました

動画開始から6分位でカルガモ?が近づいてくる所を撮影することができました

左肩に取り付けて「超広角撮影」

当たり前ですがゆっくり歩くと肩の振りも小さくなるのでカメラの横ブレはそんなに気にならなくなります

この時はさらに歩き方も気をつけて横ブレをできるだけ抑えるような撮影をしていました

手持ちのスマホで撮影したものです
手持ちのスマホで撮影したものです
手持ちのスマホで撮影したものです
手持ちのスマホで撮影したものです
手持ちのスマホで撮影したものです
左肩に取り付けて「広角撮影」

だいぶ撮影にも慣れてきました

横ブレも少なくなったような気がします

それと広角撮影は超広角撮影に比べると画角が狭くなることにより横ブレも少ないように感じます

S歩行者/自転車道〜「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラにて撮影
左肩に取り付けて「広角撮影」

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを左肩にクリップを介して取り付けて近所の遊歩道を歩きながら撮影してみました

長い直線道路を撮ると縦ブレが気になります

左肩に取り付けて「広角撮影」

歩道橋の階段の上り下りの時も比較的安定して撮影できています

歩道橋の真ん中で体を1回転して360度撮影したのですが回転が速すぎてブレが激しく醜い映像になってしまいました

体を1回転するときはゆっくりと動くようにした方が安定した映像を撮影できるでしょう

「ファーストフォローモード」

左肩に取り付けて設定を縦ブレや横ブレに強いと言う「ファーストフォローモード」にして撮影してみました

ウォーキングやランニングをするときに腕などに縛りつけて撮影するためのモードだそうです

画角は広角撮影です

「ファーストフォローモード」で撮影

「ファーストフォローモード」に設定して撮影してみましたが横ブレや縦ブレはあまり押さえられていないような気がします

ランニング撮影には向いてないような気がします

ウォーキング撮影においてもブレを抑えるためにはある程度は腕の振りや体の動きを抑えたり意識して撮影された方が良いでしょう

ネックアダプターに取り付けて撮影

アクションカメラのようにネックアダプターを使って首にぶら下げて撮影してみました

撮影画角は広角撮影です

ネックアダプターに「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラに取り付けるとなんか怪しい人間に思われそうですがどんな映像になるのか興味があったので試してみました

ネックアダプタはアマゾンで購入した以下の商品になります

スマホでも撮影できるアダプターが付いています

ネックアダプターもジンバルカメラ部分も非常に軽いので首が疲れる事はありませんでした

ネックアダプターに「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラ付属のマグネットベースを取り付けそこにジンバルカメラ部分をくっつけてジンバルカメラ操作部分は左胸ポケットに入れて撮影しました

M用水路側道
ネックアダプターに取り付けて広角撮影

手持ちで撮影するよりは若干縦ブレがしますが両手があくのでスマホで自由に操作ができます

衣服にクリップを介して取り付けて撮影するとガサガサ音が出ますがネックアダプターだとそのような音がでないので自然な撮影ができます

ネックアダプターに取り付けて広角撮影

私は右足が悪いので特にブレると思うのですが健常者の方であればそんなに気にならないのではないかと思います

体の中心で撮影しているので横ブレはそんなに気にならないですね

車に取り付けて撮影

車のボンネットに取り付けて撮影

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラのカメラジンバル部分を車のボンネットの左に取り付けて撮影してみました

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラのカメラジンバル部分のベースにはマグネットが埋め込まれており金属部分に強力にくっつきます

ボンネットの左側にジンバルカメラ部分を取り付けて助手席側のウインドウガラスを少し開けてそこから配線を引き込みジンバルの操作部分は車の中の助手席側に置いています

さらにジンバルカメラとスマホをWi-Fiで接続しダッシュボード上部に取り付けて映像確認とジンバルカメラの操作を行います(走行中は安全のため操作ができません)

車のボンネットに取り付けて「超広角撮影」

やはり車だと超広角撮影でも縦ブレや横ブレが少なく映像がとても安定しています

超広角撮影での映像で周りの景色の流れが速くかなりスピードが出ているように感じますがスピードは制限速度の40キロ程度です

車のルーフに取り付けて撮影

「Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラのカメラジンバル部分を車の左ルーフに取り付けて撮影してみました

平面の鉄板部分にはマグネットで強力にくっつきますが曲線部分はマグネットが安定せずずれるので取り付けはできません

ボンネットに取り付けた時と同じように助手席側のウインドウガラスを少し開けてそこから配線を通してジンバルの操作部分は助手席側に置いています

配線の長さが1メートル近くあるのでジンバルカメラ部分だけをルーフにマグネットでくっつけても配線は充分に届きます

車のルーフに取り付けて「超広角撮影」

ドライブレコーダーの衝撃センサーを「敏感モード」にしているので常に警告音声が出てしまいます

実際はそんなに激しい衝撃ではありません

軽自動車のバンタイプの車なので普通車に比べると上下の振動が少し大きい程度です

車の高いルーフ位置だと広い範囲を撮影することができます

特に超広角撮影だと迫力の映像です

山間部の開けた場所や海沿いの海岸通などを撮影する時などはこの撮影方法がお勧めです

また助手席に搭乗されている人がいる場合はスマホなどでジンバルカメラを操作することにより走行中でも前方はもちろん横方向の景色も操作して映像として残すことができます

スポンサーリンク

まとめ

今回はFeiyuTech Feiyu Pocket 2Sを使いいろいろな方法で動画撮影をしてみました

自撮り棒に取り付けて

  • 普通に撮影したり
  • 高いところや
  • 低いところ
  • 奥まったところ

などの撮影や

  • 衣服や体にクリップやリストバンドなどで取り付けて撮影したり
  • 車のボンネットやルーフなどにくっつけて撮影したり

もしてみました

私自身初めてジンバルカメラを使用しての撮影だったので横ブレの激しい動画や直線映像での縦ブレが醜い部分もありましたが慣れてくるに従いだいぶ撮影も安定するようになりました

またジンバルカメラは歩き方や撮影方法/カメラの設定などにより出来上がりの映像がだいぶ違ってくるように感じます

もっと勉強して良い映像を撮れるように努力したいと思います

「FeiyuTech Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラはジンバルカメラ部分や本体操作部分にマグネットが埋め込まれており車や自転車などの金属部分にくっつけて撮影ができクリップなどを併用することで衣服やリュックに取り付けて撮影することもできます

また付属のリストバンドやマジックバンドを使用することにより金属以外の木製のものやプラスチック製のものなどに縛り付けて撮影することも可能です

自分自身に合ったそれぞれの方法で撮影を楽しむことができます

そしてなんといってもジンバル制御により安定した映像を撮影することができます

これからもっともっと「FeiyuTech Feiyu Pocket 2S 」ジンバルカメラを使っていろいろな場所でいろんな撮影方法でカメラライフを楽しみたいと思います

最後までお付き合いいただきありがとうございました

また別の記事でお会いしましょう