電熱ベスト ヒートジャケットを検証しました!

スポンサーリンク

電熱ベスト ヒートジャケットを検証しました!

この暖かさからはもう離れられない!

CO2 排出ゼロ!超省エネ 暖房!

電源を入れなくても温かい!普段着にも最適

仕事に レジャーに万能で使える!

極寒の車中泊でもぽっかぽか!

災害時には 威力 絶大!

関連記事

冬の寒さ対策「予算3000円以下から買える 電熱ベスト」おすすめ7選

電熱ベスト ヒートジャケットを購入しました!

先日ご紹介した「KIKIMON 加熱ベスト USB電熱ベスト ヒートジャケット」をAmazon で購入して検証してみました!

  • 送られてきた状態
  • 見た目
  • 着心地
  • 暖かさ

はどんな感じだったのかを皆様にご紹介します

何故?電熱ベスト ヒートジャケットを購入したのか?

なぜ 電熱ベスト ヒートジャケットを購入したかというと

  • 冬期間に暖房なしでヒートジャケットと防寒着だけで寒い室内で過ごせるのか?
  • 車中泊時にシート ジャケットはどれぐらい役に立つのか?
  • 災害時にもは電熱ベスト役に立つのか?

ということを検証するために購入しました

今回は暖房のない室内でどれぐらい電熱ベストが役に立つのかについて検証します

電熱ベスト ヒートジャケット到着

Amazon プライム会員なので前の日の夜に注文して次の日の夜に到着しました

そして届いた箱の大きさにびっくり!

縦が60 CM 横が40 CM 高さが15.5 CM の大きな箱で配達員が届けてくれました

重さは箱の重量を入れても500 G もないと思います

宅配ボックスなど利用される方は参考にされてください

箱を開けてみるとすぐに Amazon ファッションの説明が記載されていました

Amazon ファッションの対象商品のようです

試着してみてサイズや素材/イメージと違う場合は商品到着後最大30日間無償にて返品ができるようです

ヒートベストはダンボールの中に縦に二つ折りになって厚手の透明なビニール袋に入れられていました

ビニール袋の裏側です

袋から取り出して広げてみました

ツートンカラーの見た目もかっこいい普段着にも使えそうな防寒ベストです

ヒートベスト裏側

裏側もツートンカラーです

ヒートベスト自体はとても軽く素材構成は綿が80%/化学繊維が20%でふかふかで厚みもありとても着心地がいいです

そんなに寒くない時はモバイルバッテリーを使わずに普通に防寒ベストとして使えます

ヒートベストの左胸表面についている切り替えスイッチです

背中側とお腹側のスイッチが二つに分かれています

向かって左側が背面側のスイッチ/右側が前面側のスイッチです

それぞれのスイッチを3秒間長押しでオンオフができます

さらにオンの状態でスイッチを素早く押すことによって強/中/弱の切り替えができます

えりの前の部分は V 型にカットされており顎を動かす時の煩わしさを解消してくれます

少しぐらいの雨や雪であれば弾いてしまう分類外繊維メランジュ+メモリー布を採用しているとのことです

ファスナーも特に問題がなく滑りもよくスムーズに動きます

また防水ファスナー設計になっておりファスナーの表面に水滴の侵入を防ぐための防水加工が施されています

襟の後ろ側にも加熱シートが組み込まれています

私的にはこの襟の後ろが暖かくなることでとても気持ちよく着用することができます

全体的に糸のほつれなどもなくこの値段にしてはとても丁寧な作りだと思います

防寒ヒートベストの裏側の右下にモバイルバッテリーを入れるポケットが付いています

画像では向かって左下/白い大きな説明書が貼られているところです

モバイルバッテリーを入れておくポケットの表面の説明書です/モバイルバッテリーを使用する際の説明や注意書きが書かれています

モバイルバッテリーを入れておくポケットにはこのようにチャックも付いています

防寒ヒートベストに使用したモバイルバッテリー

今回防寒ヒートベストを買うにあたってモバイルバッテリーも2個購入しました

なぜ2個購入したかについては以下で説明します

モバイルバッテリーは種類も沢山ありどれを買うか迷ったのですが

購入条件は

  • 信頼性のあるもの
  • 軽量であるもの
  • 薄型スリムであるもの
  • 長時間使用できるもの
  • 使い勝手が良いもの

厳しい条件なのですが以上の内容で探してみました

その結果購入したのが以下の商品です

なぜ2個購入したかについては

軽くて薄いことが最優先だったからです

そうなると使用時間が短くなるので二つ必要だということになります

また二つあることにより

一個使い切ったとしても次の一個を使用している間にもう一個充電しておくことができます

これを繰り返すことにより効率よく長時間電熱ベストヒートジャケットを使用することができます

その条件で選んだのがレビューで信頼性も高かった以下の商品です

モバイルバッテリー 【12000mAh & ケーブル内蔵】 大容量 軽量 薄型 2in1ケーブル内蔵(Micro USB+ライトニング内蔵) 4台同時充電 急速充電 携帯充電器 残量表示

重量が僅か194gで持ち運びにストレスを感じない重さです

また厚さも1.5 CM しかなく 他のモバイルバッテリーに比べてもかなり スリムにできています

これだと電熱ベストの裏ポケットに使用しても重さや厚みを感じることがあまりありません

電熱ベストヒートジャケットには日本語の取扱説明書と裏面には保証書が添付されています

安全な商品であることを証明する日本基準の PSE マークも取得しています

洗濯についての説明が表記されています

30°前後のぬるま湯で手洗いまたは洗濯機も使用できます

アイロンがけは不可です

右下の裏側にモバイルバッテリーを入れるポケットがあります

モバイルバッテリーを使用する際の注意書きが白い生地に印刷されています

モバイルバッテリーを入れるポケットにはチャックが付いています

チャックを開けると中には USB 配線があります

USB 配線を引っ張ってモバイルバッテリーのUSB2.4アンペアの出力コネクターに差し込みます

モバイルバッテリーのシルバーの丸いスイッチを一度押して青いランプが着いたら電源がONです

ちなみに素早く二度押すとオフになります

電熱ベスト表面右上についている切り替えスイッチです

最初にも書きましたが向かって左側が背中側の切り替えスイッチ/向かって右側がお腹側の切り替えスイッチ

それぞれ3秒長押しでスイッチのオンオフ

それぞれオンの状態でスイッチを押すごとに高温/中温/低温の切り替えができます

高温が赤色/中温が白色/低温が青色と色で区別が出来ます

画像は両方とも青色なので低温の状態です

画像は背面が低温でお腹側をスイッチオフの状態にしています

身長165 CM 体重67 kg の著者がL サイズを着用して丁度いい感じです

座るとお腹が少し窮屈なので小太りでお腹が少し出ている人やヒートジャケットの下に厚着をする人は一つ上のサイズを選ばれた方が良いかもしれません

万が一の場合は着払いで無償交換や返品をお願いしましょう

電磁ベストの上に着る防寒ジャンパーです

電熱ベストの上に着る防寒ジャンパーです

今回はこれをヒートベストの上に着用して電熱ベストの性能を検証してみます

ネットに同じものがなかったので以下に似たような防寒ジャンパーを紹介しておきます

ヒートジャケットの温度を背中側/お腹側ともに低温にセットして

  • 快適度
  • 持続時間

検証します

ヒートベストの下には下着と薄手の長袖のシャツ

ヒートベストの上には防寒ジャンパーを着用しています

下半身はもちろん防寒対策をしています

室温は15°c です

若くないのでこれだけ着用していても暖かくはないです

ヒートジャケット 検証 スタート

ヒートベストのスイッチを前面背面とも低温にして時間と快適度検証スタート!

途中 撮影のためにヒートジャケット脱いだり着たりしたのですが

12000 mm アンペアのモバイルバッテリー1個で

4時間半ほど持ちました!

2個だと8時間以上持つと思います

そして快適度なのですが

とにかく暖かい!

ヒートジャケットを使うとこんなに違うものか!

と感心させられました

次回は車中泊で検証してみたいと思います