制作日誌~第1話「宗谷 ボックスアート」

製作日誌~第三次南極観測船「宗谷」

こんにちは

4年以上前のハセガワ1/350「第三次南極観測船~宗谷」の制作日誌です、これから製作にかかる方の参考になればと思います、シリーズは10回以上のアップロードになると思います、気長に次回をお待ち下さい。

初回はボックスアートとランナーの写真からです

「氷山の横をかすめ南極海の硬い氷を割いて進む「宗谷」…上空にはベル47Gヘリコプターが旋回して宗谷前方の氷海の状況を逐一、宗谷航空管制室に伝え宗谷の航行を支援しています…」

南極観測船宗谷

ボックスアートの作者は小池繁夫さんです、航空機のみならず艦船の絵画に於いても素晴らしい出来栄えです

早速キットの中身を見ていきましょう、キットの素材色はホワイトです、部品点数は323点とかなり多い方です

完成サイズは全長239ミリ、全幅48,5ミリ、全高94ミリです 

宗谷のオプションパーツとしてハセガワから販売されている【南極観測船「宗谷」第三次観測隊】キットの専用です、このエッチングパーツを組み込むのがなかなか大変で、これができる様になるとモデラーとしてワンランク上に見られます…

ボックス横にオリジナルの完成画像が載っています…(ストレート組みと言います)

今回製作したのは宗谷最初の記事でも紹介した様に

①エッチングパーツの組込

②汚しやパネルラインの墨入れ

③アンテナ線・牽引ワイヤーや空中線の取付

以上を作業をすることによって撮影した時に本物の様に仕上がります

組み立てに入っていますがいきなり右舷と左舷を組み付けて甲板を乗せて前後マストを仮付けした状態です 

宗谷は第二次隊の失敗の教訓から航空支援を強化するために第三次隊からは後方飛行甲板が大幅に拡張されています 

艦底の両舷にあるエッチングパーツでできた「ビルジキール」を取付(宗谷の艦底はおわん型で横波に弱いためこの装置が取り付けられています)

本日はここまでです

次回は前後マストにアンテナ・ハシゴなどのエッチングパーツを組み込んでいきます…オリジナルの完成品と違いグッと雰囲気が出てきます

では次回またお会いしましょう

【制作に使用したキットがこちらになります】ハセガワ 1/350 海上保安庁 南極観測船 宗谷 第三次南極観察隊 プラモデル Z23

【オプションとして使用したエッチングパーツです】ハセガワ 1/350 海上保安庁 南極観測船 宗谷 第三次南極観測隊 エッチングパーツ プラモデル用パーツ QG13

スポンサーリンク

【マッサージが格安!全国630店舗以上】【りらくる】

【あなたもブログ作成で収益を上げて見ませんか…】Xserver Business

【収益発生の地を築く…】お名前.com

【格安車検・車検関連に役立つ情報が満載!】【楽天車検】

【人気の新車に月々1万円から乗れる⁈】田中モータース

模型その他
スポンサーリンク
エンジョイ・ライフワーク
タイトルとURLをコピーしました