スポンサーリンク
車とメンテナンス

あなたにもできる!プリウスのバッテリー上がり対処法

車のトラブルで夏場に最も多いトラブルがオーバーヒートやエアコンのトラブルと並んでバッテリーが上がってエンジンがかからないなどの不具合です… それでボンネットをなんとか開けてみたもののプリウスなどのハイブリット車の場合…バッテリーがエンジンルームに取り付けられていない⁉️(-.-;)y-~~~…と言うことに改めて気がつく人も少なくないのではないでしょうか
2020.08.27
歴史と人物

NHK大河ドラマ「晴天を衝け」の渋沢栄一って…どんな人?

「幕末・明治・大正・昭和」と激動の時代を精一杯に生き抜き日本資本主義の父と言われる「渋沢栄一」と言う埼玉が…いや!日本が世界に誇る偉大な人物について私が勉強した中で特に興味をもたれるようなことについて話していこうと思います
2021.02.09
歴史と人物

《著書》楽天「三木谷浩史」その知られざる人間像に迫る〜読書レビュー②今注目すべき人物

インターネット並びに通信業界で今、最も注目されている人物と言えばプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」とJリーグ「ベッセル神戸」のオーナーでもあり楽天市場などの楽天グループを率いる三木谷氏ではないでしょうか… 改めて彼がどのような人間像なのかをこの著書を読み解いて解き明かしていきたいと思います
健康と病気

【体験談】脳梗塞からの生還②〜回復期リハビリテーション病棟とは?

緊急入院して2週間ほどが過ぎ脳梗塞の症状が安定すると内科病棟から同じ病院内にある回復期リハビリテーション病棟に移り社会復帰に向けたリハビリを中心とした病院生活が新たに始まります、リハビリ病棟とは一体どんなところなのでしょうか、体験したことを紹介していきます
2020.10.21
健康と病気

【体験談】脳梗塞からの生還①〜それは…突然だった

今回経験した脳梗塞と言う病気とはどんな病気なのか発症してしまった場合にどんな治療が行われるのかそして社会復帰に向けてどのようなリハビリ治療が行われるのか…不幸にも脳梗塞と言う病気を発症してしまった筆者が緊急入院から退院までの2ヶ月半に及ぶ病院内での赤裸々な日々の出来事をひとりの体験者として書き綴っていきます
2020.10.21
車とメンテナンス

トヨタ「プリウス」リコール案件【まとめ】Part 2

トヨタプリウスのリコール案件を国土交通省の届出から不具合箇所を図解で詳しく説明のされたリコール案件だけを特に選んで今回、記事にまとめました テキスト用紙だけのリコール届出はまだ沢山あります、最近になり不具合箇所も図面で分かる様にとの配慮から実施される様になったのではと思います また、リコールに関しては整備管理者としてプリウス(営業車)を10年・40万キロ以上にわたって点検・整備・管理してきた経験の話も交えて記事を書いていきます
車とメンテナンス

トヨタ「プリウス」のリコール【まとめ】〜Part 1

ハイブリッド車として電子機器やコンピューターを各所に取り付けられている「プリウス」は他の車種と比べてもリコール案件の多い車種です その様なプリウスのリコールの届出について、時系列で見ていきましょう
2020.04.28
暮らしと社会

アビガン投与による新型コロナウイルス感染からの生還

アビガンについて話題になっているが余りにも政府の対応が遅すぎるのと国民に対する説明がなされていないので、黙っていられずにアビガンに関する私の見解を述べさせていただきます 同時に有名人の亡くなったことだけを大々的に伝え恐怖を煽るような報道が多い、大手メディアがなぜか伝えない、アビガンの回復実例とアビガンそのものについて色々と調べてみました まず、アビガンを使ったら一生、子供を産めないと信じ込んでいる人達がとても多い事に驚く、そもそも普通の風邪薬でさえ、子供の後遺症に影響がある…タバコや酒。でさえ…
車とメンテナンス

クルマの燃費を良くする為の5つの改善策

まだクルマが新しいけどもっと燃費を良くしたい、簡単にできる方法はないのだろうか? 又は、新車時に比べるとクルマの燃費がかなり落ちてきた、古くなってきたからエンジンをオーバーホールしないといけないのだろうか? そう考える前に、燃費改善策の基本として簡単に点検、修理する箇所があります 今回はクルマの燃費を今以上に良くする方法・改善策について解説していきます
車とメンテナンス

貴方のクルマは大丈夫?車両火災【ブレーキ・下回りからの事例集】

高熱にさらされるブレーキ関係や高温になるマフラーや関連する触媒装置、またその周辺からの出火が原因の車両火災の事例も多く報告もされています またクラッチやトランスミッションの動力伝達装置やドライブシャフトの適正な管理・点検をを怠ったことにより油切れなどによる加熱からも車両火災につながっています 走行装置などにおいても不適切な使用を繰り返すことにより車両火災が起きています ブレーキ関係や下回りからも多くの車両火災が、なぜ発生するのか、実際に車両火災にまで及んでしまった、具体的事例を挙げて解説していきます
2020.04.23
暮らしと社会

アベシンゾーよ謙虚になれ!泉大津市の想いをふみにじる行為

ご存知の方も多いと思いますが、先日の安倍首相が国民一人当たりに10万円給付の発表を行い、はじめは国民に「混乱させてしまった」などと謝罪するなどして低頭な態度で会見を行いコイツも少しは反省して発言しているのかと思いきや… 会見の質疑応答に入った中で、天敵の朝日新聞の記者の「466億円が投じられる布マスク2枚の配布や星野源さんの動画で批判を浴びているが、一連の新型コロナ対応を自身でどのように評価しておられますか」 と質問したところ、安倍首相はこれらの政策をすべて正当化した挙句、待ってたとばかりに、こう付け加えたのだ…
暮らしと社会

再確認!新型コロナウイルスに感染しない為の5つの心得

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中で、不安な日々を過ごされている方も多いと思います 新型コロナウイルスに感染しない為の予防方法を「厚労省」が非常に詳細に発表しています 厚労省のホームページを閲覧すると非常に細かく読みにくくわかりにくいので誰にでも見やすくわかりやすくまとめてみました まだ確認されていない方やご存知の方もおられるかもしれませんが…新型コロナウイルス感染防止の為に今一度確認されてみて下さい
2020.04.20
暮らしと社会

超簡単!「退職願・退職届」の作成方法

会社や事業所などを退職される際に1番重要な届け出の1つして「退職願や退職届」があります 退職願や退職届を提出するにあたって、どのような様式でどのような内容で書いたら良いのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? また、文字があまり上手くない(綺麗でない)とか縦書きは苦手だと言う方も多いと思います そんな方達に朗報です!
2020.04.18
暮らしと社会

大本営発表〜第二弾!10万円給付…自民応じられず

またまた、「大本営発表」by(犬HK)が先ほどあった アベサマ犬HKを使い国民の反応を見る為に試し撃ちの報道をしたのかもしれない(ネット民がどの様な反応を示すかの様子見発表とも見れる) 新型コロナウイルス感染拡大を受けて与党、公明幹部が評判の悪い、収入減の世帯に30万円給付の補正予算案を、国民一人当たり10万円給付に差し替える様に迫ったものだ これに対して自民党は難癖をつけて応じられないと回答したと報じられた
暮らしと社会

コロナウイルスによるネット通販の拡大に思う事

日本国内をはじめ世界では、新型コロナウイルス関連で大打撃を受けて事業縮小や最悪、事業閉鎖まで追い込まれている事業所が多い中で事業規模を拡大して急成長を遂げている企業がある 通販大手の「Amazon」だ… Japan businessプレスの記事によると 米Amazonは北米内の物流施設などで人員不足が発生した為に75.000人の追加採用を行いと4/13日に発表した
車とメンテナンス

貴方のクルマは大丈夫?車両火災【車内出火事例集】

今回取り上げるのは、クルマの車内からの出火についてです、車内からの出火は非常に危険で直接、人命に関わる事態になります 車内からの出火原因としてはヒーターモーターなどのモーター関連の異常発熱や配線の劣化による発熱・ショートからの出火 後付け電装品の発熱による本体からの出火、配線処理や配線の取り回しの不備によるショートや発熱による出火
2020.04.18
暮らしと社会

本日の大本営発表!〜「安倍内閣支持率」414号

NHKが4/10日から3日間にわたって全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターが無作為に選んだ固定電話と携帯電話に電話をかけて安倍内閣支持率調査を実施した その結果… 安倍内閣を「支持する」39% 「支持しない」38% という集計結果が出たと「大本営発表」があった
2020.04.16
暮らしと社会

日刊ゲンダイの記事から【アベノマスク】立ち読みコラム

日刊ゲンダイのデジタル版に掲載してあったコラムが今回の新型コロナウイルスに関してまとを得た記事を載せていたので皆さんと共有したいと思います
2020.04.16
暮らしと社会

4/12日(日)【新型コロナウイルス関連】最新情報!まとめ

いよいよ言論統制が始まったかのような様相を見せている 外務省や厚労省をはじめ各省庁が新型コロナ対策費として情報収集などに多額の税金を投入してSNSなどの監視に乗り出しているのでは無いかとの見方を示している 外務省では「ダイヤモンドプリンセス号」のコロナ対策で国内外から猛烈な反発を食った事もあり25億円以上の広報予算を組んだと言う
車とメンテナンス

貴方のクルマは大丈夫?車両火災「エンジンルーム編」

車両火災と聞いて自分には関係ないと思われる方も多いと思います、クルマの事件・事故の中で最も怖い出来事…車両火災 今回はこの事について読者の皆さんと考えていきましょう、国土交通省への車両火災関連の届け出分だけでも、日本では年間1千件を超えるクルマの車両火災が発生していることをご存知ですか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました